破産しても保護されること

2月 4, 2020

 

破産宣告を受けることによって、経済的な面では様々な制限が発生します。

 

とはいえ破産後にも、一定の範囲内での保障はあります。

 

破産宣告を受けても、破産したことが戸籍や住民票に記載されることはありません。

 

選挙権や被選挙権は保護され、失われることはありません。

破産宣告の事実は本籍地の市町村役場の破産者名簿には記載されますが、第三者が

この名簿を見ることはできません。

 

破産宣告に対する免責決定がなされれば、破産者名簿から抹消されます。

 

官報に公示される破産宣告の公示について、一般の人が官報で目にする危険性は

ありません。

 

破産宣告により破産者が財産の管理処分権を失うといっても、生活に必要な家財道具

等は従前通り使用できることが保護されています。

 

そして、破算した後に何らかの収入があった場合、破算者の財産として好きなように使え

ます。破産宣告により、とにかく一切の返済の義務がなくなることは、破産者にとっては

大変な助けになることです。

 

裁判所へ出頭するのも、原則的に1度のみとなっています。自己破産してしまったから

といって、先行き真っ暗などということはないのです。

 

借金の減額等、債務整理の事務所選びは実績・交渉力が決め手です!

 

◆ 全国対応にて一人ひとり、しっかり時間をかけた無料相談。
◆ 元金融業者スタッフが債権者側の手法を熟知した極限の交渉
◆ 損をさせない綿密な引き直し計算による過払返還請求。
◆ 債権債務問題に専門特化した法律事務所

この4つの条件を満たしている事務所がコチラです!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【弁護士法人イストワール法律事務所】

「債務整理は交渉力に差が出ます!」